年次別掲示板投稿状況

在京白堊会関連サイトへの「掲示板投稿のお知らせ」ポータルです。
「年次別集約掲示板 ≫」から年次を選択すると、それぞれの遡上投稿数が増えます。


在京疾風会掲示板への最新投稿


 「JR川崎駅」(2)
  投稿日 New!10月23日(土)08時50分 投稿者 佐藤(泰)
続きを読む
↓参照。川崎駅、中央北改札口。

http://www16.tok2.com/home/yasatou/sippuukai/20211011kawasaki04.jpg

▲たたむ  ▲TOP

 「JR川崎駅」(1)
  投稿日 New!10月23日(土)08時48分 投稿者 佐藤(泰)
続きを読む
↓参照。西口に向かう通路。巨大ビルのはざまを縫うような通路です。

http://www16.tok2.com/home/yasatou/sippuukai/20211011kawasaki03.jpg

▲たたむ  ▲TOP

 「JR川崎タワー」(2)
  投稿日 New!10月22日(金)06時32分 投稿者 佐藤(泰)
続きを読む
↓参照。東海道線か京浜東北線か?

http://www16.tok2.com/home/yasatou/sippuukai/20211011kawasaki02.jpg

▲たたむ  ▲TOP

 「JR川崎タワー」(1)
  投稿日 New!10月22日(金)06時29分 投稿者 佐藤(泰)
続きを読む
↓参照。ここは休憩所の「穴場」です。下を眺めると、東海道線や京浜東北線が走っています。

http://www16.tok2.com/home/yasatou/sippuukai/20211011kawasaki01.jpg

▲たたむ  ▲TOP

 「ラゾーナ川崎プラザ」−「ルーファ広場」(2)
  投稿日 New!10月19日(火)14時12分 投稿者 佐藤(泰)
続きを読む
↓参照。「ラゾーナ川崎プラザ」4Fより、「」ルーファ広場」を望む。

http://www16.tok2.com/home/yasatou/sippuukai/20211011rufa02.jpg

▲たたむ  ▲TOP

 「ラゾーナ川崎プラザ」−「ルーファ広場」(1)
  投稿日 New!10月19日(火)14時11分 投稿者 佐藤(泰)
続きを読む
↓参照。川崎駅西口にある、とてつもないデカい、複合型商業施設です。

http://www16.tok2.com/home/yasatou/sippuukai/20211011rufa01.jpg

▲たたむ  ▲TOP

 ガソリン価格が上昇
  投稿日 New!10月19日(火)12時25分 投稿者 Работать
続きを読む
確かに市中のガソリンスタンドの価格の期並みに上がって来た。
脱CO2、脱化石燃料を主張する環境重視の人達には大変な朗報だろうが。
自然エネルギーが再度見直されるか。水力発電や地熱は有力だね。

原発は本当は経済的にもメリットは少ないし環境にはとても危険なもの。CO2の比ではない。

本当は日本には、水力発電の余力がまだまだある。原発を推進するためには水力発電を潰して来た
のが実態のようだ。原発を再稼働するのは核燃料を保持していつでも核兵器を所有できるポテンシャルを持ちたい。これはイランと同じ構図で危険な行為となる。日本の周辺諸国で日本に本当に核兵器を所有して欲しいと
する国があるか。米国だって賛成しない。

http://rabotati.jp

▲たたむ  ▲TOP

 横浜、於横浜市鶴見区の「三ツ池公園」です。スッピンです。
  投稿日 New!10月19日(火)06時13分 投稿者 佐藤(泰)
続きを読む
↓参照。

http://www16.tok2.com/home/yasatou/sippuukai/20211009mituike01.jpg

▲たたむ  ▲TOP

 「イメジコミニュケーショーン」と「レターコミニュケーション」
  投稿日 New!10月16日(土)16時02分 投稿者 佐藤(泰)
続きを読む
いずれも最近(だいたい2000年以降)の「造語」で、これらを会社名に使っている社があります。いわく「イメージ
コミニュケーション株式会社」や「レターコミニュケーション株式会社」など。また私が所属していたキヤノン(株)
もいつのころかは忘れましたが、「イメージコミニュケーション事業本部」というのが出来て(旧名・カメラ事業
本部)、カメラ部門、ビデオ部門、レンズ部門、ほかが傘下に入りました。

「イメージコミニュケーション」とは画像(写真)や動画でもってコミニュケーションをとるという意味になり、今のSNS
(Facebook、Twitter、Instagram、LINE、YouTube、など)がそれに相当します。私も2000年のころ、上司からUSA
では、インターネット、Eメールが使われていると言うので、実態を調べてくれと言われました。当時はメールは、
PC-VAN(NEC主宰)かニフテl(富士通主宰)の会員に入っていなければならず、ある意味ピラミッド構造の中で
パソコン通信をやっていたわけです。

ところが、インターネット、Eメールの世界では、その主宰者なるものが存在せずプロバイダーなるものが蜂の巣状
に存在するという従来の思考では考えられないものでした。私も名刺にはPC-VANのアドレスを書き込んでいまし
たが、その当時は未だEメールのアドレスを名刺に書き込む人は全くいませんでした。やがて時が流れ、Winndows
の普及とともに画像・動画が簡単に送れるようになり、インターネット、Eメールも普及しだしました。PC-VAN、ニフ
テlという垣根も取り払われたわけですね。

この「イメージコミニュケーション」と「レターコミニュケーション」という用語はWikにも載っておらず、いわば、「造語」で
す。しかしキヤノン(株)の「イメージコミニュケーション事業本部」という命名は先見の明有りというべきでしょう。画像
(写真)、動画は自宅で見て楽しむものという概念から、多数の人との「コミニュケーション」をとる、という概念に進化
したわけです。

ではその前はどうかと言うと、1980年代半ばのパソコン草創期に一部のユーザーが始めたパソコン通信(PC-VAN、
ニフティ、など)が「レターコミニュケーション」(「文字コミニュケーション」、別名「チャット」)をやっていたわけです。基本
的に画像は送れません。文字のみの送受信です。ムリクリ画像を送ろうとすると、当時パソコンに標準装備されていた
Basic言語を使って、ソフトとデータとの二本建てで送受信するという実用性が無いものでした。そして声で「コミニュケ
ーション」をやってたアマチュア無線愛好家がなだれを打ってパソコン通信の世界に飛び込んで来ました。

「レターコミニュケーション」(「文字コミニュケーション」、別名「チャット」)は1980年半ばから2000年にかけて花咲いた
文化です。文字による「コミニュケーション」は時として「バトル」にまで発展して行きました。基本的に議論は裁判形
式で「デュープロセス」が原則でした。論者が自己矛盾の発言をした時点で、議論は終結となります。この「在京疾風
会HP」の掲示板は一投稿につき一画像しかアップ出来ないので、「レターコミニュケーション」(「文字コミニュケーショ
ン」、別名「チャット」)の性格・文化が色濃く残っています。

私が今使っている「Facebook」では一投稿につき80枚の画像(写真)をアップ出来、文字は少なくても画像(写真)で
意とするところを伝えられます。画像が主、文字は従、というわけですね。動画を使う人もいます。私は「レターコミニ
ュケーション」の時代を経験しているので、ついつい長文になってしまいます。そんなに書かなくても、画像(写真)を
見れば分かる、という読者もいるかも知れません。

画像(写真)をもっと数多く、手軽にアップ出来るものに、「白堊応援団30」の「連絡掲示板」のような「teacup」があり
ます。しかしこれは無料で使おうとすると、広告が出て来て邪魔でしょうがありません。本掲示板は「MiniBBSという
名前で無料供給されてるもので、一時は多くの人に使われていました。しかし「イメージコミニュケーション」の時代に
一投稿につき画像(写真)一つというのは、まあ時代についていけてないのかも知れません。

思えば、Winndowsの普及というのが画像(写真)・動画の通信を可能にしたわけで、その前のMS-DOSの時代には
考えられないものでした。しかし、「レターコミニュケーション」の時代に一瞬にして朝日新聞の全文が落ちて来ると
か、帝国データバンクの緒データが落ちて来た時の感動は、わたくし的にはWinndowsの画像通信よりもはるかに衝
撃的なものでした。思い出せばきりがない1980年代半ば〜2000年の時代です。これからはVR、3D、ということにな
るのでしょうが、Winndows11(既に発売中)もそこまでは追いついていないようです。ヨドバシ、ビック、を観察してると、
良く分かります。「書を捨て街に出よう!」(寺山修司)の合言葉はまだ生きているように思います。

▲たたむ  ▲TOP

 相田みつを美術館、東京駅〜有楽町駅の間。
  投稿日 New!10月15日(金)16時12分 投稿者 佐藤(泰)
続きを読む
↓参照。

http://www16.tok2.com/home/yasatou/sippuukai/20211007aida01.jpg

▲たたむ  ▲TOP
  ▲TOP