総武線散策その2

11月5日に総武線散策その2を決行しました。


散策途中で、幕張から携帯電話で画像を送ったが、画像そのものより散策途中で報告できた事が嬉しかった。
総武線散策その2はこちらです。

カテゴリー: 散策 パーマリンク

総武線散策その2 への4件のフィードバック

  1. fujikun のコメント:

    またまた散策お疲れさんでした。良い天気でよかったですね。
    ところで、10番、12番の「京浜幕張」は「海浜幕張」のことかナ。
    と思って、ググると、250件ほど似たような間違いがあるのだね~。
    「京成幕張本郷」を「京浜幕張本郷」と勘違いの人も多い。
    ちなみに「海浜幕張」は54万件ほどヒットするから、ほとんどの人は
    オツム大丈夫ということでしょうか・・・・

  2. m5 のコメント:

    なるほど、海浜幕張と京浜幕張確かに間違ってましたね~。
    なんて感心してはいけないのですが、この年頃になるとどうしてこんなに勘違いが多いのか。
    これはややこしい名前をつけたJRが悪い。
    と人の所為にする、これこそ年をとった証拠だな。ハハハ。

  3. yoko のコメント:

    サルはどこまで人の言葉を理解できるのでしょうね。
    家のイヌ(サンタ)とよくおしゃべりしていますが、私は彼が理解しているような気がしてならないのです。
    親ばかですかねぇ~。
    散策後のお酒と焼き鳥はおいしかったでしょうね。
    写真で見てもおいしそうに見えました。

  4. manbo のコメント:

    人間の会話って結構文法を略している場合が多いですよね。
    感情に任せて大きな声やら涙声やら、興奮のあまり引きつった声等、
    全く持って文法にそぐわない奇声やら大声が人の感性に訴える事が出来ている。
    人間同士がこんな状態で会話が通じるのだから、これって不思議だよね。
    人間も動物である。多分動物にも感情がある。寂しい、悲しい、怒り、嬉しい。
    これは犬でも猫でも有ると思う。
    だから、彼等はその感情を理解していると思う。
    言葉では通じなくても、心では感情が通じるのではないでしょうか?
    なんてね。理解しあえるのが一番大事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です