「着るロボ家庭に」昨日の日本経済新聞から

「人が着用して手足の動きを助けるロボットスーツが実用化の段階に入った。
開発に成功した筑波大学発のベンチャー、サイバーダイン(茨城県つくば市)が
大和ハウス工業と提携し高齢者の生活支援用などに年四百体を量産、
2008年からレンタル・販売を始める。
大和ハウスは利用者のバリアフリー住宅なども開発する。
ロボスーツは工業用の開発も始まり、少子高齢化時代の新しい産業となりそうだ。」


この記事を読んで思い浮かべたのは、78歳の盛岡の母のことだった。
我が家はエレベーター無しの4階なので、
一昨年に母が来た際、階段を上がり降りが難題だった。
このロボットスーツは年産400体の時点で、一ヶ月のレンタル料が6~20万円になるらしい。
もし、一泊二日三千円ぐらいになるなら、母が盛岡から来る時にレンタルしたいな。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です