CLOVER-USB版でのWindows11稼働

CLOVER-USB版でのWindows11稼働と、その後の手続きを説明する。

1.NVMe SSDを設置後、NVMeではないSSD/HDDからの旧Windows起動
  なお、ESP(EFI System Boot Partition)は、ここに作成する。
  GPTタイプで、Windows partition前に500MB程度の空き領域があると良い。
2.Rufusのインストール
  https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/rufus/
3.Rufusの起動
  ここまでは、CLOVERのインストールで実施済みの作業なので、同様に。
4.Windows11のダウンロード
  「ブートの種類」の「選択」の横の▼マークをクリックし、ダウンロード
  を選択する(オプション設定でUPDATE確認なしだと、マークは出ない)。
  ・その後、「ダウンロード」をクリックする。
  ・バージョンの選択Popupで、「Windows11」を選択し「続ける」。
  ・リリースの選択が追加されるので、「最新のもの」を選択し「続ける」
  ・エディションの選択が現れるので、そのまま「続ける」
  ・「ダウンロード」ボタンが表示されたら、8GB以上の空きのある所に
   ダウンロードを実施する。
5.Windows11のインストール媒体作成
  ・ダウンロードが完了すると、ブートの種類には、ダウンロードした
   ISOイメージファイルが表示されている。
  ・デバイス欄で、インストールに用いるUSBメモリが表示されている。
  ・イメージオプションが、(TPM2.0)になっているので、プルダウンから
   Extended windows(NoTPM)を選択する。
  ・パーティション構成を「GPT」とし「スタート」をクリックして、
  インストール媒体を作成する。

6.Windows11のインストール
  ・NVMe以外のドライブにEPSを確実に設置することが肝要なので、EPS
   パーティションの場所を確認する。
  ・作成されたUSBメモリからBootし、インストールを実施する。
   WindowsのインストールISOファイルには、NVMeドライブへのドライバー
   も搭載されているので、インストール先にNVMeドライブを指定できる。
   インストール中に再起動されると、NVMeドライバーなしの状態で一時域
   をアクセスするので、最初の再起動のタイミングで、CLOVERのUSBメモリ
   に差し替える。
  ・インストール先の全領域は、diskpart→ list volume→ select volume→
   clean のあと、convert gpt コマンドで初期状態にしておく。
  ・インストール・プロセスをすべて完了したら、次のコマンド群を投入して、
   EPSに従来のOSを追加登録することもできる。
   OS本体のパーティションコピーを実施後、
   diskpart→ list volume
    (下記コマンドで使うパーティション文字がわかる)
   bcdedit /copy {current} /d “新しい識別文字列(Windows10NVMなど)”
   diskpart→ list volume→ select volume→ uniqueid volume
      (COPYしたOSボリューム・エントリのIDがわかる)
   bcdedit /set 獲得ID device partition=xx: 
   bcdedit /set 獲得ID osdevice partition=xx: 
  ・CLOVER-USB起動から、CLOVERのWindows EFI Boot from EFIを選択して
   Windows11などのOS立ち上げ動作を確認する。

7.CLOVER Boot Loaderの旧Windowsドライブへの搭載
  毎回USBメモリからのWindows起動だと耐久性が心配なので、旧Windowsを
  入れたEPSのあるドライブにCLOVER本体を入れ、先頭Bootmgrにリンクする。
   bcdedit /set “{bootmgr}” path \EFI\CLOVER\CLOVERX64.efi
  このリンクは新規にWindowsインストールを実施するごとにもとに戻される
  ので、その都度、再設定する。
  EPSに diskpart→ select volume→ assign letter=S などでドライブレター
  を割り当てるが、Explorerでは管理者モードでもアクセス出来ないので、
   xcopy /e xxxxxx\CLOVER S:\EFI\CLOVER
  のコマンドを管理者コンソールから投入する。

8.USBドライブなしの動作を確認

  USBを差し込まなくても、そのままNVMeドライブの起動を含むアクセスが
  問題ないことを確認する。
  BIOS設定画面では、起動順位の1番が「Windows Boot Manager」と設定されて
  いるが、7.の手順で、次のコマンドを入力しておくと、その記述名に
  変更されて設定されるのでわかりやすい。
   bcdedit /set “{bootmgr}” description “Clover Boot Manager”


                               以上

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

CLOVER-USB版でのWindows11稼働 への1件のフィードバック

  1. fujii のコメント:

    作業に関連して、Bluetooth接続のオーディオが接続時に必ず最大ボリュームになるので、抑止するのに、次の設定が必要でした。

    Windows11でBluetooth絶対ボリューム設定を有効または無効にするには
    レジストリエディタアプリを開き、次のレジストリキーに移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE SYSTEM ControlSet001 Control Bluetooth Audio AVRCP CT
    右フレームのDisableAbsoluteVolume 32ビットDWORD値を変更または作成します。
    値を1に設定して、絶対量設定をやめる。有効にするには、その値を0に設定します。
    Windows11を再起動します。

fujii へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。