日本酒

日本酒って不思議なんだよね。
するめを焼いて日本酒につけると軟らかくなる。
魚などの生臭みが消える。料理が美味しくなる。
なかなか、おもしろい性格を持っているよ。


昨日、弟が送ってくれた蟹(金沢産)をゆでで、甲羅に日本酒を注いで飲んだら、
筆舌に尽くしがたい味わい。自分だけ、ごめんなさい!
ところで、「ゆでるときの塩加減が海水より少し薄め」と説明に書いていた。
弟の話によると、この塩加減と茹で時間によって、全く味が違ってくるらしい。
金沢は蟹が採れていいなと思うけど、雪がたくさん積もって大変だろうな。
そうだ!きっと、自然の厳しい所には、神様は美味しい食べ物が採れるようにしているんだね。
納得….!

カテゴリー: つれづれ パーマリンク

日本酒 への1件のフィードバック

  1. mannbo のコメント:

    酒を飲むほどに酔い、酔うほどに飲む。
    酒は有り難きかな。
    酒ほど理屈の要らない世界は無いぞ。
    あるのはただ心地よい酒独特の世界だ。
    だから酒におぼれる事もたまにはあるのではないか。
    おぼれてはいけないと思いつつもおぼれる事もある。
    今日も酒を楽しみ、また明日も酒を楽しむ為に仕事に張り合いがある。
    やはり、酒は有り難きかな。
    酒におぼれながらも、自分を確かめる自分がいる。
    mannbo。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です