銀盤の華

オリンピックもはや終盤、最大の山を迎えようとしています。
各々の選手の、これまでの努力が実りますように。
銀盤に咲く絢爛たる華、華…..。
これぐらい個性を出せる競技もないと思います。
明朝は、早く起きなくては….。


規則が改正され、フィギュアスケートは難度の高いジャンプやスピンを
確実に決めないと高得点が出ないらしい。
絶対評価とのこと。
以前の見ている側に良くわからない相対評価より絶対良いと思うが、
これがまた、選手にとってはなかなか苦労だったようだ。
ひとつ、ひとつ正確な技が要求されることと、今回初のメダルというプレッシャー….。
<もうメダルなんてどうでもいい。
結果は天に任せて、肩の力を抜いて演技してくださいね。>
この言葉を、トリノの乙女たちに届けてください!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です