さみしい王女

つよい王子にすくはれて、
城へかへつた、おひめさま。
城はむかしの城だけど、
薔薇もかはらず咲くけれど、
なぜかさみしいおひめさま。
けふもお空を眺めてた。
  (魔法つかひはこはいけど、
  あのはてしないあを空を、
  白くかがやく羽のべて、
  はるかに遠く旅してた、
  小鳥のころがなつかしい。)
街の上には花が飛び、
城に宴はまだつづく。
それもさみしいおひめさま、
ひとり日暮の花園で、
真紅な薔薇は見も向かず、
お空ばかりを眺めてた。
少しだけ勇気を出してみたら欲しいものにすぐ手が届くと思います。
カテゴリー: テスト パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です