キンモクセイの香りが漂いますね

談話室にも書き込みが有りましたが、キンモクセイの香りが漂い始めました。


会社の行き帰りにどこからとも無く優しくて、切ない、そして甘い香りが漂ってきました。
そう、近所のマンションの植え込みにキンモクセイが植えてあったのです。
これから少しの間はこの香りが楽しめそうです。
これも、思い出深い花です。


m5

カテゴリー: つれづれ パーマリンク

キンモクセイの香りが漂いますね への1件のフィードバック

  1. suimei のコメント:

    昨日、駅近くの中央公園の中、高さ4m位の金木犀に、星屑のような花がたくさん咲いていました。
    10本以上はあると思います。
    かなり遠くまで香り、街中が、香水に包まれたようです。
    最初は微かで懐かしく、だんだん存在感十分に力強く、再び微かに、そして、鮮やかなものはみかん色の花畳。
    次に、紅葉の美しい季節へと移り変わっていきます。
    山燃えるがごとく紅葉映える、八幡平国立公園のつかの間の秋が、思い出されます。
    中3まで住んだ一番目のふるさとです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です