久々に雨の音が聞こえます。

真帆ひきてよせくる船に月照れり
             楽しくぞあらむその船人は          
                                         田安宗武(将軍具吉宗の二男)
さすたけの君がすすむるうま酒に
             われ酔ひにけりそのうま酒に
                                         良寛
とくとくと垂りくる酒のなりひさご
             うれしき音をさする物かな
                                         橘曙覧
       
                                     


宮中に歌会始めの「笑み」の歌
              響き渡れば明るさほのめく          
                                          山紫水明

カテゴリー: つれづれ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です