足の願いは叶わぬが。

足の願いは叶わぬが
電車で行った我が住まい。
いつもと変わらぬ我が部屋に
以前のままのパソコンが
触って欲しいと待って居た。
赤子のようなパソコンに
思いを込めて打ち込めば
童話の心に花添える。
デジカメ持って家去れば
近くに咲いたボケの花
小さな事が愛らしい。
思わず見とれた紅白を
春の姿と納めたり。
花吹雪は見えぬども
童話に心を傾けば
見えぬ物も見えて来る。
明日の風を待ちながら
まだ見ぬ吹雪に恋をした。
足の願いを心に刻み
一人夢見る花吹雪かな。
お粗末でした。

カテゴリー: テスト パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です