啄木の歌 三首

それとなく
郷里(くに)のことなど語り出でて
秋の夜に焼く餅のにほひかな       


教室の窓より遁(に)げて
ただ一人
かの城址に寝に行きしかな        
京橋の滝山町の
新聞社
灯ともる頃のいそがしさかな

カテゴリー: つれづれ パーマリンク

啄木の歌 三首 への2件のフィードバック

  1. suimei のコメント:

    ブログに初登場。ついに、できた!
    画面に表示されないので、おかしいと思って、「講座」での実習を思い返してみました。
    そうだ、「更新」をクリックするのを忘れていました。
    かくして、文字の書き込みができました。
    次は写真をやってみます。まずは、写真を撮らなくては….。

  2. m5 のコメント:

    suimeiさん、ちゃんと出来ていますね。
    yokoさんとお二人ともブログ講座の成果があったようですね。
    これからも、どんどんと挑戦してください。

suimei へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です